日テレNEWS
政治
2015年3月27日 12:16

自民・高村副総裁 米国防長官と会談

 自民党の高村副総裁が訪問先のアメリカでカーター国防長官と会談し、集団的自衛権の行使を限定的に可能とする事を含む安全保障法制の整備に関する取り組みを説明した。カーター長官は「歴史的な取り組みだ」と評価したという。

 会談で高村氏が安全保障法制をめぐる与党合意の内容を説明したのに対し、カーター長官は「歴史的な取り組みであり、しっかり進めてもらいたい」「アジア太平洋の平和と安定に役立つ」などと評価した。カーター長官はまた、来月予定されている安倍首相のアメリカ訪問について「日米同盟の堅固さを世界にアピールする場にしなければならない。アメリカとしても協力したい」と述べた。

 高村氏はその後、バイデン副大統領と電話で会談し、関連法案を「今の国会中に成立させたい」との考えを伝えた。バイデン副大統領からも法整備への期待が寄せられたという。