日テレNEWS
政治
2015年3月28日 17:52

従軍慰安婦問題“人身売買”で心痛む~首相

従軍慰安婦問題“人身売買”で心痛む~首相
(c)NNN

 安倍首相はアメリカの有力紙「ワシントン・ポスト」とのインタビューで、いわゆる従軍慰安婦問題について「人身売買」という言葉を使い、「心が痛む」と述べた。

 安倍首相は歴史認識問題について、「安倍内閣は過去の植民地支配と侵略を謝罪した『村山談話』や『小泉談話』を含む過去の政権の歴史認識を継承している」と改めて強調した。

 その上で従軍慰安婦問題について「人身売買の犠牲になり、筆舌に尽くしがたい痛みと苦しみを経験した方々について思う時、私の心は痛みます」と述べた。

 「ワシントン・ポスト」は安倍首相の側近の話として「首相が従軍慰安婦の問題で『人身売買』という言葉を使うのは初めてだ」と伝えている。