日テレNEWS
政治
2015年10月23日 0:29

拉致問題で協力要請も 日モンゴル首脳会談

拉致問題で協力要請も 日モンゴル首脳会談
(c)NNN

 安倍首相が22日から7日間の日程でモンゴルや中央アジア諸国を訪問している。最初の訪問国・モンゴルでは安全保障など幅広い分野での協力を確認した。

 安倍首相とサイハンビレグ首相との会談では、政治や安全保障分野などで協力を進めていくことで一致した。さらに、モンゴルは北朝鮮と国交関係があることから、「拉致問題の早期解決に向け協力を期待したい」と要請した。会談後、両政府はモンゴルにおける日本企業の投資機会の拡大に向けた覚書を交わした。

 安倍首相は22日夜、すでにモンゴルを出発していて、日本時間23日未明、次の訪問国である中央アジアのトルクメニスタンに到着する。日本の首相が中央アジアを訪問するのは9年ぶりのこと。