日テレNEWS
政治
2017年12月21日 10:19

12月23日“退位後は平日”で検討

12月23日“退位後は平日”で検討
(c)NNN

政府は現在祝日となっている天皇誕生日の12月23日について、天皇陛下が退位された後は、平日にすることを検討していることがわかった。

天皇陛下の退位を実現する特例法には、皇位が継承された後は皇太子さまの誕生日の2月23日を、新たな天皇誕生日として祝日にすると定められている。一方で、今の天皇陛下の誕生日の12月23日の扱いについては規定がないが、政府関係者によると、名前を変えるなどして祝日として残さずに、平日とすることを検討していることがわかった。

その理由について、政府関係者は「新たな天皇が即位された後に上皇誕生日を祝うのかということになる」としており、少なくとも上皇の在位中は、祝日にすべきではないとの認識を示している。