日テレNEWS
政治
2018年6月27日 23:15

自民・小泉進次郎氏ら、国会改革で提言

自民・小泉進次郎氏ら、国会改革で提言
(c)NNN

自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は、党内の若手議員らとともに国会改革について提言をとりまとめ、二階幹事長に申し入れを行った。

小泉氏らがまとめた提言では、法案の審議を優先するため、個別スキャンダルの追及については「特別調査会」を設置して国政調査権の発動を認めるべきとしている。

また、内閣の説明責任を強化するため、党首討論を2週間に1回、夜にも開催することで、充実した政策議論を行う環境を整えるべきだと提案している。

自民党・小泉進次郎筆頭副幹事長「今の国会は、スキャンダルとか疑惑が発生すると、(野党の)審議拒否などによって、いわば、渋滞を発生するようなことが起きる。この1車線しかない国会を、我々は今回、(特別調査会と党首討論を加えた)3車線に変えていきたい」

また、小泉氏は28日、国会審議の効率化などを目指す超党派の「議員会合」を設立する予定。