×

「性犯罪」規定見直しで試案 性交同意年齢を条件付きで16歳に引き上げなど 法務省

2022年10月24日 20:05
「性犯罪」規定見直しで試案 性交同意年齢を条件付きで16歳に引き上げなど 法務省

見直しが進められている刑法の「性犯罪」に関する規定について、法務省は24日、改正内容の「試案」を示しました。強制性交罪などの構成要件をこれまでよりも具体的にしたほか、性交同意年齢を条件付きで16歳に引き上げる内容となっています。

24日に開かれた法制審議会の部会では、刑法の「性犯罪」に関する規定の見直しに向け、これまでの議論をもとに法務省がまとめた「試案」が示されました。

試案では、強制性交罪などの犯罪成立の要件について、現状の「暴行・脅迫」のほか「拒絶するいとまを与えない」、「恐怖・驚がくさせる」などあわせて8つの行為を具体的に示し、こうした行為により、被害者を「拒絶困難」にした上での性行為を、処罰の対象としています。

また、性交同意年齢については現在の13歳から条件付きで16歳に引き上げるとしています。

法制審議会の部会では、この試案をたたき台に、引き続き議論を進めていくことにしています。

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 「性犯罪」規定見直しで試案 性交同意年齢を条件付きで16歳に引き上げなど 法務省