×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 【解説】台風6号 沖縄・奄美に再び接近へ 週明けには西日本や関東などにも影響が?

【解説】台風6号 沖縄・奄美に再び接近へ 週明けには西日本や関東などにも影響が?

2023年8月4日 19:32

大型で強い台風6号の今後の進路や、関東など台風から離れた地域への影響について、気象予報士の木原実さんに聞きました。

   ◇◇◇

大型で強い台風6号は、4日(金)午後5時現在、久米島の西北西の海上にあって、4日(金)正午まではほとんど停滞していたのですが、現在は進路を東寄りに変えてゆっくりと動き出しています。

気象衛星からの画像を見ると、3日(木)午前9時の時点では台風の目もはっきりしていて、中心気圧も940ヘクトパスカルと低かったのですが、4日(金)午前9時には、雲は少しバラけていて、気圧も960ヘクトパスカルまで上がっています。これは、3日(木)の夕方から、宮古島の北の海上でほとんど動かず停滞していたため、台風によって海水がかき混ぜられて水温が下がり、勢力が落ちたものとみられます。

――今後も勢力は弱まっていく?

ところが、今後も台風6号は「強い勢力」を維持する見込みです。

今後の進路を見てみると、台風6号はこの後、ゆっくり東寄りに進み、5日(土)から6日(日)にかけて、沖縄本島や奄美にかなり接近するおそれがあります。そして週明けの7日(月)には九州の南に進み、その後、進路を北寄りに変えて、9日(水)には西日本に上陸する可能性も出ています。

台風が進む海域は海水温が28℃~29℃くらいと高いため、今後、東進しながら勢力をやや強める可能性もあります。

――週明けには西日本や関東などでも影響が出てくる?

はい、台風から離れた地域でも大雨になるおそれがあります。雨の予想を見ると、沖縄本島地方や奄美地方では、4日夜以降、次第に活発な雨雲がかかり、雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれもあります。来週前半にかけて雨が降り続くため、総雨量がかなり多くなりそうです。

そして、影響は沖縄や奄美だけではありません。6日(日)以降は、台風から離れている九州南部や四国でも活発な雨雲が予想されていて、その後も台風周辺の湿った空気が、西日本や東日本にも流れ込むため、風がぶつかる南東斜面を中心に、断続的に雨が降り続き、雨量が多くなりそうです。

また、雨だけでなく、台風の接近に伴って本州付近でも、次第に波が高まります。夏休みシーズンで、海のレジャーを予定されている方もいるかと思いますが、お出掛けの際は必ず最新の台風情報や気象情報を確認するようにしてください。