×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 【天気】沖縄地方で線状降水帯発生のおそれ 九州・四国の太平洋側や東海も断続的に雨

【天気】沖縄地方で線状降水帯発生のおそれ 九州・四国の太平洋側や東海も断続的に雨

2022年9月3日 21:46
【天気】沖縄地方で線状降水帯発生のおそれ 九州・四国の太平洋側や東海も断続的に雨

台風11号は、3日(土)夜遅くに沖縄・先島諸島に最も接近する見込みです。台風中心付近の雨雲がかかる先島諸島では、一部家屋が倒壊するほどの暴風が吹き、大雨となりそうです。

さらに、沖縄地方では台風本体や周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、4日(日)午前中にかけて線状降水帯が発生するおそれがあります。

また、まだ台風から離れた九州・四国の太平洋側や東海(三重県)でも断続的に雨が降り、局地的な大雨となるかもしれません。

4日(日)にかけて予想される最大瞬間風速は、沖縄で60メートル。4日(日)夕方にかけて予想される24時間雨量は、多い所で、沖縄で250ミリ、東海で200ミリ、九州南部で180ミリ、奄美で150ミリ、九州北部で120ミリ、四国・近畿で100ミリ。

沖縄では暴風や高波・高潮に、そのほかでも土砂災害などに厳重に警戒してください。

《週間予報》

台風は6日(火)に九州に接近する予想で、西日本では雨風が強まって荒れた天気になるでしょう。早めの備えをお願いします。

また、東日本や北日本でも7日(水)にかけて南風が強まり、気温が急上昇する見込みです。