日テレNEWS
社会
2012年10月5日 21:24

原子力規制委、初の“大地震”緊急派遣訓練

原子力規制委、初の“大地震”緊急派遣訓練
(c)NNN

 原子力規制委員会は5日、大地震によって原子力事故が発生したとの想定で、委員らが現地に駆けつける初めての緊急派遣訓練を行った。

 訓練は、5日午前5時半に青森県で震度7の地震が発生し、青森・六ヶ所村にある使用済み核燃料の再処理施設で全ての電源が失われたとの想定で行われた。

 規制委員会・更田豊志委員らは、航空自衛隊入間基地(埼玉県)から自衛隊の輸送機で三沢基地(青森県)へ移動し、六ヶ所村の「日本原燃」本店や、事故対応の拠点となるオフサイトセンターに駆けつけた。移動時間は約5時間半で、訓練は無事終了し、その後は、東京都内にある規制庁とテレビ会議システムなどをつないだ通信訓練が行われた。

 参加した規制庁の職員は「到着までの5時間にどう住民を守るための活動支援を行うかが今後の課題だ」と話していた。