日テレNEWS
社会
2013年8月21日 22:40

緊急地震速報の誤報問題で気象庁が対策発表

緊急地震速報の誤報問題で気象庁が対策発表
(c)NNN

 気象庁が、緊急地震速報の誤報で対策を発表した。

 8日夕方、関東地方から九州地方にかけての広い範囲に誤って最大震度7を予想する緊急地震速報を発表した問題で、原因となった海底地震計について、気象庁はデータを送る装置を交換することにした。

 また、約1か月間、5か所ある海底地震計のデータを緊急地震速報の発表に使わないことにしている。