日テレNEWS
社会
2015年6月1日 11:43

口永良部島の住民代表らが一時帰島

口永良部島の住民代表らが一時帰島
(c)NNN

 鹿児島・口永良部島(屋久島町)の新岳で起きた噴火で、避難していた住民の代表たちは1日朝から一時的に島に帰っている。

 一時的に島に帰っているのは、住民の代表12人とサポートを行う屋久島の消防職員など計29人で、住民たちを乗せた漁船は1日午前8時半に出港、約1時間後に口永良部島に到着した。今回の一時帰島は「家や家畜が心配だ」といった住民の声を受けて行われ、滞在時間は2時間から2時間半ほどを予定していて、防火・防犯対策や家畜へのエサやりなどが行われる。その間は、自衛隊のヘリや海上保安庁の巡視船が警戒にあたっている。

 住民たちは1日正午過ぎには口永良部島を出て、屋久島の港に到着する予定。

 一方、避難している小・中学生13人は、1日から受け入れ先となる屋久島の学校に元気に登校した。