日テレNEWS
社会
2015年7月25日 11:46

台風12号 奄美や沖縄で暴風・高波に警戒

台風12号 奄美や沖縄で暴風・高波に警戒
(c)NNN

 強い台風12号は暴風域を伴ったまま北上し、25日昼過ぎから夜にかけて沖縄本島や奄美に近づき、26日には九州の西の海上に達する見込み。

 台風は中心付近で風が強く、沖縄本島や奄美では25日午後には風や雨が急激に強まる見込み。26日にかけて予想される最大瞬間風速は、奄美で50メートル、沖縄で45メートル、九州で30メートルなどとなっている。また、1時間に50ミリから70ミリの非常に激しい雨が予想される。暴風や高波、土砂災害などに厳重な警戒が必要。

 一方、本州付近は晴れて、25日は朝から厳しい暑さになっている。各地の日中の最高気温は、熊谷で38℃、前橋・甲府で37℃、名古屋・岐阜・京都・鳥取で36℃、福島・東京都心・横浜・松江で35℃など。東日本と西日本では26日にかけて夏の太平洋高気圧が強まり、猛暑となる見込みで、熱中症など体調の管理には十分な注意が必要。