日テレNEWS
社会
2015年7月27日 10:39

調布飛行場 定期便の運航を再開

調布飛行場 定期便の運航を再開
(c)NNN

 墜落した小型機が離陸した調布飛行場で27日朝、離島などへの定期便の運航が再開された。

 調布飛行場で26日、事故を受け伊豆大島などを結ぶ定期便17便が欠航したが、27日朝の滑走路等の点検を行い安全確認がとれたとして、午前8時半に新島行きの航空機が出発し、定期便の運航が再開された。27日は全便通常通り運航するということだが、自家用機などの飛行は自粛を要請するとしている。

 一方、墜落現場の周辺の住民からは不安の声が上がっている。

 墜落現場の周辺住民「(今までは)脅威を感じたことはなかった。いつ起きても、どこで起きても、誰が受けてもっいうのははっきりしたわけですから、そういう意味では非常に不安な状況は今は強いですね」