日テレNEWS
社会
2015年10月30日 14:27

工事再開 辺野古ではきょうも抗議活動

 沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題で29日、政府は名護市辺野古の海の埋め立てに向けた陸上工事に着手したが、市民による抗議活動は30日も続いている。

 政府は30日も、辺野古のアメリカ軍キャンプ・シュワブ陸上部で埋め立てのための護岸工事に必要な作業ヤードを整備する工事を続けている。一方、反対する市民による抗議活動も続いていて、キャンプ・シュワブのゲート前では、30日朝も工事に向かおうとする大型のトラックなどを市民が道路に座り込んで阻止したが、警察の機動隊にまもなく排除されている。また、もみ合いの中で市民1人が救急車で病院に搬送された。