日テレNEWS
社会
2016年3月24日 14:13

高速道路 一部を「最高速度120キロ」へ

高速道路 一部を「最高速度120キロ」へ
(c)NNN

 警察庁は、一定の基準を満たした高速道路について現在、最高時速100キロとなっている速度規制を段階的に120キロに引き上げることを決めた。

 最高時速が引き上げられるのは、見通しの良さや事故発生率など一定の条件を満たす静岡県の新東名高速道路・御殿場ジャンクションから浜松いなさジャンクションの間と、岩手県の東北自動車道・花巻南インターチェンジから盛岡南インターチェンジの間。

 このうちの一部の区間で、来年以降、最高時速120キロへ段階的に引き上げる方針。事故の増加などがなければ、その他の高速道路でも速度規制の見直しを検討するという。

 速度規制が時速100キロより引き上げられるのは、1963年に日本で高速道路が作られて以来、初めてのこと。