日テレNEWS
社会
2016年8月21日 22:46

“トリプル台風”21時現在の予想進路

“トリプル台風”21時現在の予想進路
(c)NNN

 <台風9号、10号、11号の今後の予想進路>

 ■11号
 台風11号は21日午後9時現在、北海道釧路市の南西の海上にあって、まもなく北海道に上陸しそうだ。北海道では大雨や強風に注意するとともに、海上は高波に警戒が必要だ。

 ■9号
 一方、東京・八丈島の南の海上には、台風9号があって、北上を続けている。22日の昼頃には、暴風域を伴って関東から東海に接近して上陸するおそれがあり、東日本の太平洋側を中心に21日夜は広く雨になりそうだ。

 ■10号
 また、四国の南には台風10号があって、西寄りに進んでいる。

 ■予想雨量
 北日本と東日本では、23日にかけて局地的には1時間に80ミリの猛烈な雨が降る見込みで、22日夕方までの予想雨量は、関東甲信と東海で300ミリ、伊豆諸島で200ミリ、東北、北陸、北海道で120ミリ~150ミリとなっている。

 北日本と東日本では、23日にかけて大雨が続き、記録的な雨量となるおそれがある。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫に厳重な警戒が必要。

 また、22日にかけて予想される最大瞬間風速は、関東、東海、伊豆諸島で40メートル、東北は35メートルとなっている。暴風や高波にも厳重な警戒が必要だ。