日テレNEWS
社会
2016年11月20日 19:34

「交通少年団」縄跳びなどで交通マナー学ぶ

「交通少年団」縄跳びなどで交通マナー学ぶ
(c)NNN

 東京・世田谷区で、街頭で交通安全の呼びかけなどを行っている「交通少年団」の子どもたちらが、2本の縄を使って跳ぶ縄跳びに挑戦したりして交通マナーを学ぶイベントが行われた。

 このイベントは、子どもの交通事故をなくそうと行われたもの。街頭で交通安全の呼びかけなどを行っている「交通少年団」の子どもたちら約200人が参加した。

 子どもたちは、日本体育大学の学生らと2本の縄を使って跳ぶ「ダブルダッチ」に挑戦したり、人形劇で交通マナーを学んだりしていた。

 東京都内では今年に入り小学生が絡む死亡事故が増えていて、玉川警察署の田賀博幹署長は「正しい交通ルールやマナーを周囲にも広げ、事故にあわないようにしてほしい」と呼びかけた。