日テレNEWS
社会
2016年12月5日 13:04

震災1834日後“愛する亡き夫へ”の手紙

震災1834日後“愛する亡き夫へ”の手紙
(c)NNN

 「退職したら、日本全国、旅行に連れて行きます」―夫の磨さんは、妻の熊谷幸子さん(74)に宣言。それは3.11の3か月前のことだった。お金も貯め、新車も購入し、準備を着々と進めていた最中、大津波が襲う。磨さんは、今も行方がわかっていない。

 幸子さんは帰りを待ち続ける一方で、磨さんと“会話”をしながら毎日を送っている。あの日から1834日後、幸子さんが磨さんに宛てた手紙がある。幸子さんは、手紙を書くことで、一歩一歩、前に進めていると話す。一方で被災地にはまだその一歩を踏み出せない人も多くいるという。

 「そういう方々が前に進む一助になるなら」との思いから取材に応じてくだった幸子さん。この日、磨さんの愛用の腕時計をして「森の小舎」に来てくださった。「自分で手紙を読み上げると、泣いてしまうから…」ということから、代読させていただいた。

 「磨さんへの思い」―あなたは何を感じるだろうか。


日本テレビ よみひと知らず
「○日後 ~その声に耳を傾けたい~」より