日テレNEWS
社会
2016年12月8日 15:20

鬼北町の新たな特産品に…食用ホオズキ収穫

鬼北町の新たな特産品に…食用ホオズキ収穫
(c)NNN

 愛媛県鬼北町で、新たな特産品「食用ホオズキ」の収穫が行われている。

 全国の自治体で唯一「鬼」の文字がつく鬼北町では、漢字で「鬼」に「灯」と書くホオズキを新たな特産品にしようと、今年から本格的に食用ホオズキの栽培を始めた。

 ホオズキの実は風船のように膨らんだ“がく”の中にあり、がくをハサミで摘み取り、直径2センチほどの実を収穫していた。実は、さわやかな酸味と果物のような甘みが特徴で、そのまま食べても、サラダに入れてもおいしいという。