×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 東京4日連続で“夏日”も…山梨県や長野などで“ひょう” 野菜に影響も…

東京4日連続で“夏日”も…山梨県や長野などで“ひょう” 野菜に影響も…

2022年5月25日 22:42
東京4日連続で“夏日”も…山梨県や長野などで“ひょう” 野菜に影響も…

25日は全国的に気温が上がり、東京都心も最高気温27℃と、4日連続で夏日となりました。一方、気温の上昇で大気が不安定になり、急速に雨雲が発達し、山梨県などでは“ひょう”とみられる氷の粒が降りました。

   ◇

25日午後3時ごろ、山梨県甲州市で撮影された映像には、あたりは真っ白になり、“ひょう”のような白い粒が降っている様子が捉えられていました。

山梨県内では午後から天気が急変しました。長野市でも雷が鳴り、ひょうのようなものが地面に打ちつけていました。さらに奈良県でも、同じくひょうのようなものが降っていました。

25日の日本列島は、局地的に大気の状態が不安定になりました。

   ◇

一方、東京は6月下旬並の暑さとなりました。東京・北千住にある「エスディ コーヒー」では、牛乳瓶に入ったシェークの上にアイスがのった商品が次々と注文されていました。

お客さん
「きょう暑くて、少し体を冷やしたくてアイスがのっているものにしました」
「『もう夏じゃん』と思って、Tシャツで家を出ました」

東京都心の最高気温は27.0℃。4日連続の夏日となり、今年2番目の暑さになりました。強い日差しのもと、皇居ランナーも汗びっしょりで走っていました。

皇居ランナー(30代)
「かなりこたえますね、結構、汗も出てきてます」

――もう少し走れそう?

皇居ランナー(30代)
「職場までは(走って)戻らないといけないので、あと2キロくらい」

25キロも走ったという男性もいました。

皇居ランナー(20代)
「結構、暑いので、しっかり水分とっていこうと思っています」

   ◇

全国的にも気温が上がり、鳥取市では今年初めて、最高気温が30℃以上の真夏日になりました。鳥取砂丘では、半袖半ズボンの真夏の装いで楽しむ観光客の姿もみられました。

   ◇

この暑さで、影響が出ているところがありました。千葉県木更津市にある観光農園です。畑の中で、話を聞きました。

――この辺は全部、商品にならない?

農業公園ぽんぽこ村 三上徳之代表
「そうですね、破棄になりますね」

サニーレタスは3割ほど、ブロッコリーは約6割が売り物にならないといいます。

三上代表
「一見きれいな感じですけど、中の方は傷んでしまっていたり…」

内側が変色したサニーレタスや、通常のものと比べると真ん中が茶色になっているブロッコリーがありました。

関東では今月、雨の日が多く、さらにここ数日の気温上昇で、変色したり、花が咲いて味が落ちたりしているといいます。

   ◇

26日、関東では雲が広がる予報ですが、今後、6月から8月にかけて全国的に気温が平年よりも高くなる見通しで、熱中症に警戒が必要です。