日テレNEWS
社会
2018年4月12日 16:59

“東京五輪×算数”金メダリストらが授業

“東京五輪×算数”金メダリストらが授業
(c)NNN

東京オリンピックと算数を融合させたドリルが完成し、金メダリストらが小学校で授業に参加した。

12日、シドニーオリンピック女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんらが東京・渋谷区の小学校を訪れた。

そこで配られたのは、東京大会の組織委員会が6年生向けに作った算数ドリルで、渋谷区の小学校では今年度から副教材として使用される。オリンピックを身近に感じてもらおうと、問題には、競技のルールや記録の数字などが使われている。

12日は、実技をまじえた授業として、50メートルのタイムから1秒あたりの速さを計算したり、北京オリンピック陸上銅メダリストの高平慎士さんらとのリレー対決も行われた。

6年生「興味をもった」「嫌いな算数が好きなオリンピックとまざっていて楽しく勉強ができそう」

秋頃にはパラリンピック版のドリルも完成する予定。