日テレNEWS
社会
2022年5月19日 21:32

全国“半数以上”で夏日に… 都内では日傘多く…タンクトップ姿も

全国“半数以上”で夏日に… 都内では日傘多く…タンクトップ姿も

19日は、東京都心で最高気温が26℃を超えるなど、全国の半数以上の地点で夏日となりました。都内では、多くの日傘をさす人やタンクトップ姿の人も見られました。

    ◇

19日午後1時過ぎ、東京・渋谷駅前の交差点には、日傘をさす人が多く見られました。駅を出たらすぐに日傘が必要になるほど、東京都心は、朝から強い日差しに照らされました。午前中に早くも25℃以上の夏日となり、最高気温も6月下旬並み26.6℃となりました。

こうした中、街の人に話を聞きました。

──なぜタンクトップ?

岩手から就職活動で来た人
「暑いからです。(就職活動で)こっちきたら暑くて脱いじゃいました」

半袖姿の女性は──

「今まで基本的に長袖を着ていたけど、耐えきれなくなって、完全に夏服仕様で」

19日は今年最多、全国の半数を超える496地点で25℃以上の夏日となりました。

さらに19日、全国で最も暑かった富山市では、今年一番となる最高気温30.3℃を観測しました。子どもたちにとっては絶好の水遊び日よりとなりましたが、「きょうは暑い日ですよね」と話す人もいるなど大人にとっては、日陰に避難したくなるほどの厳しい暑さになりました。

ほかにも、福島市で最高気温30℃を観測するなど、今年初の「真夏日」となったところもありました。