日テレNEWS
社会
2022年7月20日 19:48

南房総市の小中学校にサイバー攻撃 通知表の更新できず…対応追われる

千葉県南房総市で、市内の小中学校が使う通信ネットワークシステムが「ランサムウェア」と呼ばれる身代金要求型のサイバー攻撃を受けたことが分かりました。市内の中学校では、通知表の更新ができず、手書きで加筆するなど対応に追われました。

南房総市教育委員会によりますと今月17日、市内の小中学校が使っているネットワークがデータの復元とひきかえに金銭を要求する「ランサムウェア」と呼ばれる身代金要求型のサイバー攻撃を受けたということです。

この影響でサーバーに保存されているおよそ2000人の児童や生徒、教職員200人ほどの個人情報が暗号化され使用できなくなっているということです。いまのところ個人情報の外部への流出は確認されていませんが、復旧のめどはたっていないということです。

南房総市の公立の小中学校あわせて12校はいずれも20日が終業式でした。そのうち1校では通知表の更新ができず、印刷されていた通知表に手書きで加筆するなど対応に追われたということです。

南房総市教育委員会は、警察に相談するとともにネットワークの復旧を急いでいます。