日テレNEWS
社会
2019年9月23日 11:43

台風17号、温帯低気圧に 引き続き警戒を

台風17号、温帯低気圧に 引き続き警戒を
(c)NNN

台風17号は、温帯低気圧に変わったが、日本海側を中心に、引き続き、暴風や高波などに警戒が必要。

台風17号は22日、九州付近を通過したあと、23日午前9時には、日本海で温帯低気圧に変わった。低気圧に変わったあとも、日本列島の広い範囲で強い風が吹きそうだ。

北陸地方は、南風が非常に強く吹いていて、最大瞬間風速は、金沢で28メートル、福井で25.6メートルを観測した。

24日にかけて予想される最大瞬間風速は、北海道から北陸、中国地方などで、35メートルとなっている。

また、23日夜にかけて、激しい雨の降る所があり、北海道で150ミリ、東北や東海で80ミリが予想されている。引き続き、暴風や高波に警戒が必要。