×

山形県に「顕著な大雪」…気象庁発表 厳重警戒を

2022年12月23日 18:25

気象庁は23日午後5時25分、山形県に顕著な大雪に関する気象情報を発表しました。山形県では大規模な交通障害が発生する恐れが高まっていて、厳重な警戒が必要です。

気象庁によると、午後5時までの6時間に山形県の西川町大井沢で38センチ、金山で36センチ、小国で29センチ、大江町左沢で27センチの記録的な降雪を観測しました。

重大な災害が発生する可能性が高まり、一層の警戒が必要になるような短時間の大雪となることが見込まれます。この強い雪は、このあとも24日明け方にかけて続く見込みです。

山形県の最上、西村山、西置賜では道路の除雪が追い付かず、車両の立ち往生など、大規模な交通障害の発生する恐れが高まっています。不要不急の外出は控え、大雪に厳重な警戒が必要です。