×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • “最強寒波”で記録的大雪 新潟県で立ち往生や渋滞 物流止まり生活に影響も 山形県では停電発生

“最強寒波”で記録的大雪 新潟県で立ち往生や渋滞 物流止まり生活に影響も 山形県では停電発生

2022年12月20日 20:04

今シーズン最強寒波の影響で降り続いた記録的大雪により、新潟県各地では、19日から断続的に立ち往生や渋滞が起きています。長岡市の国道17号では20日午前3時半すぎ、身動きが取れなくなったドライバーに国土交通省の職員たちが水やクッキーなどの支援物資を配っていました。

国交省北陸地方整備局によると、国道8号では19日から約22キロの断続的な渋滞となり、一時、最大約800台の車が動けなくなりましたが、その後、80台にまで解消しました。20日中の解消を目指すということです。

新潟市や柏崎市では、平年の30倍を超える積雪を観測。こうした事態に県は、自衛隊に災害派遣を要請しました。

物流も停滞しています。魚沼市にあるスーパーでは19日と20日に予定されていた商品の搬入はなく、入荷のめどもたっていないといいます。物流停滞の影響は、県民の生活に欠かせない車の燃料にも及んでいます。魚沼市にある給油所では、タンクローリーが来られず、レギュラーガソリンが底をついていました。

20日午後6時過ぎ時点で、全国で唯一、積雪が2メートルを超えている山形・大蔵村の肘折では、19日昼前から全域で停電が発生。旅館では、「滞在しているお客さまには、事情をお話しして帰っていただきました」といいます。村によると、倒木などが原因で停電が起きたということです。

記録的な大雪をもたらしたこの冬一番の寒気。峠は越えましたが、22日以降は再び寒気が流れ込み、北日本から西日本の日本海側は大雪となる恐れがあるため、交通障害などに注意が必要です。

※詳しくは動画をご覧ください(12月20日放送『news every.』より)