日テレNEWS
社会
2020年5月1日 16:16

横浜市の検査機関で“誤陽性”新たに33件

横浜市の検査機関で“誤陽性”新たに33件
(c)NNN

横浜市は、PCR検査で「陰性」を「陽性」と判定するミスがこれまで5件確認されていた民間の検査機関で、新たに33件同様のミスが確認されたと発表しました。

横浜市によりますと、PCR検査の判定ミスがあったのは、民間検査機関「保健科学研究所」です。

この施設では先月、5人のPCR検査結果について本来「陰性」のところ誤って「陽性」と判定していましたが、横浜市が4月30日に立ち入り検査を行ったところ、同様のミスが新たに33件見つかったということです。

検査は神奈川県、東京都、静岡県の医療機関などから検査を依頼されたもので、ミスがあったのは全て先月28日の検査分だということです。

原因は調査中ですが、全ての検査を1人の担当者が行う過程で、異物が混入した可能性があるということです。