×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 東京都心の池に“巨大ナマズ” 12年ぶりに“池の水”抜き生態調査で捕獲

東京都心の池に“巨大ナマズ” 12年ぶりに“池の水”抜き生態調査で捕獲

2023年2月6日 22:48

4日、東京・港区にある六本木や渋谷に程近い有栖川宮記念公園の池で、池の生態調査が行われました。水抜き作業が行われた池では、区の職員だけでなく、12人のボランティアも参加しました。

池の中の泥に足をとられるのか、ボランティアたちが四苦八苦しながらも、池の中からは多くの魚やカメが見つかりました。

そして、取材中のカメラがとらえたのは、網からはみ出てしまうほどの大きな魚――

生態調査の専門家
「でかいナマズあがったな~、巨大ナマズがあがっちゃったよ」
「逃げる、逃げる、逃げる」

捕獲されたのは体長130センチほどある“巨大なナマズ”です。箱に入れて運ぼうとしましたが、重くて1人では動かせないため、ボランティア数人が助けに駆けつけていました。

この巨大ナマズは、少なくとも12年前には確認されず、種類もまだわかっていないといいます。港区では現在、引き取り先を探しているということです。

◆ナマズの引き取りご相談先 港区・環境課 緑化推進担当 03-3578-2331

   ◇

この日、約2800匹の生き物が池で見つかりました。

見学していた小学3年生
「(バケツの中にいるのは)エビと魚ですかね、こんなのがいるって知りました」

在来種は池に戻しますが、繁殖力の強い外来種は原則処分するということです。