日テレNEWS
社会
2020年5月28日 22:16

石垣市 独自チャーター便で農水産物を出荷

石垣市 独自チャーター便で農水産物を出荷
(c)NNN

沖縄県の石垣島では新型コロナウイルスの感染拡大で航空便が減少したため、農水産物の出荷が滞る事態が起きていますが、これを解消しようと石垣市は独自にチャーター便を手配し、首都圏の市場への第一便が出発しました。

新型コロナの感染拡大による航空便の減便や運休の影響で、農水産物の出荷が滞っていた石垣市は、東京などの消費地に向けて、全日空の旅客機を臨時貨物便としてチャーターすることを決め、27日から運航が始まりました。27日午後の第一便は、旬を迎えたパイナップルや本マグロなど23トンをコンテナ36個に満載し、羽田空港に向けて出発しました。

チャーター便の運航はマンゴーの出荷がピークを迎える7月末まで続ける計画で、第二便は来月3日、福岡経由で羽田へ向かう予定ということです。