日テレNEWS
社会
2022年1月29日 1:30

オミクロン株の濃厚接触者の待機期間、10日間から「7日間」へ

オミクロン株の濃厚接触者の待機期間、10日間から「7日間」へ

オミクロン株の濃厚接触者の待機期間について、厚生労働省は現在の10日間からさらに短縮して「7日間」とし、エッセンシャルワーカーに限り、自治体の判断で5日目の抗原検査で陰性を確認後、解除できるなどと発表しました。

後藤厚労大臣は28日、感染拡大の影響で社会的機能を維持するニーズなどを踏まえ、濃厚接触者の待機期間などを更に短縮すると発表しました。オミクロン株の濃厚接触者は、これまでの10日間から「7日間」に短縮します。

このうち、自治体の判断で、エッセンシャルワーカーに限り、4日目と5日目に抗原定性検査で2回の陰性を確認した場合、待機を解除できるとしています。

一方、無症状の患者の療養期間は、検体採取日から「7日間」を経過した場合に解除となります。