×

クリスマス寒波 “立ち往生”発生した地域への帰省は 「また同じように降ると…」

2022年12月27日 1:10
クリスマス寒波 “立ち往生”発生した地域への帰省は 「また同じように降ると…」

記録的な大雪をもたらした「クリスマス寒波」。大雪で長期間の立ち往生が発生した新潟・柏崎市に近日中、帰省予定だという男性は不安を口にしていました。

    ◇

新潟・魚沼市では26日午後5時過ぎ、雪が一段と強く降り始め、新たな雪が積もり始めていました。暗闇の中、雪かきをする人の姿も見られました。

日中から降り続いていた雪。午前11時ごろ、雪かきをしている住民の男性に出会いました。

住民
「女房と2人で雪かきが毎日の仕事ですよ」

取材中には、屋根の雪が落ち男性に直撃する場面に遭遇しました。男性は「慣れてますから」ということですが、危険と隣り合わせの作業が続きます。

2度にわたって市内全域が停電した北海道紋別市にあるスーパーを訪ねると、冷凍食品を扱うコーナーは空っぽでした。

スーパーの店長
「冷凍食品とアイスクリームはすべて廃棄。一部、生鮮食品も鮮度劣化したので、影響出てる」

――損害は?

スーパーの店長
「何十万ではきかない」

    ◇

26日、雪は関東でも降り、群馬・みなかみ町では、平年の2倍近い72センチの積雪となりました。住民は「積もったよーこれ…いきなりこれじゃ参っちゃうよね」と嘆息。子どもたちも、雪かきをお手伝いしていました。

住民
「普段降らないところも、今回すごそうなんで。毎年どうなるか予想がつかない、それが怖いですね」

    ◇

大雪で長期間の立ち往生が発生した新潟・柏崎市に28日、帰省予定だという男性に話を聞きました。

柏崎市に帰省予定の男性
「また同じように降ると、帰ってくるのがしんどいなと心配はある」

家族から送られてきた写真には、実家の外にできた“雪の壁”が写っていました。

柏崎市に帰省予定の男性
「ほとんど窓が(雪で)埋まっちゃってたり、こんなに降る地域じゃなかったので、さすがにびっくりしました」

今は雪は落ち着いているといいますが、「また同じ感じで降ると、新幹線降りてから足止めをくらうこともあるので怖い。車動けなくなると、家にも帰れない。そこが一番心配」と不安を口にしました。

(12月26日放送『news zero』より)

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • クリスマス寒波 “立ち往生”発生した地域への帰省は 「また同じように降ると…」