×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 強い日差しで体温に迫る猛烈な暑さも…全国22府県に熱中症警戒アラート発表

強い日差しで体温に迫る猛烈な暑さも…全国22府県に熱中症警戒アラート発表

2022年7月29日 11:47
強い日差しで体温に迫る猛烈な暑さも…全国22府県に熱中症警戒アラート発表
午前11時20分までの最高気温

29日(金)も、広い範囲で強い日差しが照りつけ、朝から気温がぐんぐん上がっています。

昨夜からけさにかけて、最低気温が25℃を下回らない「熱帯夜」となったところも多く、午前11時20分までに、全国の気温の観測所の約6割になる539地点で、すでに真夏日となっています。

午前11時20分までの最高気温は、佐賀・唐津36.6℃、福岡・糸島市前原35.8℃、千葉・市原市牛久35.4℃兵庫・豊岡35.3℃など、すでに猛暑日となっている所もあるほか、八王子33.9℃、東京都心33.3℃など、関東でも厳しい暑さとなっています。

この後、気温はさらに上がる見込みで、最高気温は、兵庫・豊岡で37℃、熊谷や甲府、大阪、福岡などで36℃など、体温に迫るような猛烈な暑さも予想されています。

環境省と気象庁は、この暑さで熱中症の危険が極めて高くなるとして、全国の22府県に熱中症警戒アラートを発表し、厳重な警戒を呼びかけています。

外出や屋外での作業はできるだけ短時間に済ませ、室内でも適切にエアコンを使用して暑さを避けるようにしましょう。そして水分や塩分をこまめに補給し、熱中症になりやすい病人やお年寄り、子どもなどには積極的に声をかけるなど、熱中症の予防行動を心がけてください。