×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 「王座」挑戦権をかけ…藤井七冠VS羽生九段 “パブリックビューイング”も登場 食い入るように見守るファンも

「王座」挑戦権をかけ…藤井七冠VS羽生九段 “パブリックビューイング”も登場 食い入るように見守るファンも

2023年6月28日 18:37
28日、将棋8大タイトル全制覇を目指す藤井聡太七冠が、残る「王座」への挑戦権をかけトーナメントを戦っています。対局相手は、今月、日本将棋連盟の会長に就任した羽生善治九段。前人未到、100期目のタイトルまであと1つと迫っています。注目の対局の勝敗は28日夜に決まる見通しです。

   ◇◇◇

28日午前10時前、藤井聡太七冠がスーツ姿で対局室に入りました。ひざに手を置き、目を閉じて対局相手を待ちます。その人物は、レジェンド・羽生善治九段です。七冠達成者同士の2人が、負けたら終わりのトーナメント戦に臨みました。

午前10時、注目の対局が始まりました。

藤井七冠は将棋界の8大タイトルのうち、7つを保持。残る1つは現在、永瀬拓矢王座が保持しています。その永瀬王座への挑戦権をかけ行われているのが、藤井七冠や羽生九段らが参加するトーナメントです。互いに準決勝へ駒を進め、この対局が実現することになったのです。

2人はこれまで、公式戦で14度戦い、対戦成績は藤井七冠の11勝3敗。藤井七冠にとっては、タイトル独占となる八冠に向け、落とせない一戦です。

一方の羽生九段が、これまでに積み上げたタイトルは「99」。前人未到、100期目のタイトルまであと1つと迫っています。

   ◇◇◇

そんな羽生九段は今月、日本将棋連盟の会長に就任しました。

日本将棋連盟・新会長 羽生善治九段(今月9日)
「日本将棋連盟の会長を拝命いたしました」

会長として初めて参加したイベントでは…。

――会長と呼ばれるの慣れた?

羽生善治九段(今月10日)
「いや、全然まだ。だいたい(前会長の)佐藤さんの方、向いちゃいますから」

羽生九段は慣れない様子を見せていましたが、すでに“将棋界の未来”を見据えています。

   ◇◇◇

こうしたなか、東京・渋谷には将棋ファンのための新たな施設「駒テラス西参道」がオープンしました。28日に訪ねてみると、扇子など将棋グッズを眺める人の姿がありました。

――今日の対局どうですか?

「気になります。それは気になるから来てみた」

併設されたカフェは、まるでパブリックビューイング会場。モニターを食い入るように見守るファンがいました。

「どっちにも勝ってほしいんですけどね」

将棋を観る専門、いわゆる“観る将”の聖地としてファンの取り込みを行っているといいます。

そして、羽生“新会長”となった今、にわかに脚光を浴びているのが「免状」と呼ばれる証書です。そこには、羽生九段と藤井七冠による直筆の署名がありました。

日本将棋連盟職員・荒雄平さん
「スーパースター2人の連署なので」

アマチュアの有段者のみが申請することができるもので、会長と竜王・名人のタイトル保持者が署名するため、注目度が一気にアップ。これを欲しさに、有段者を目指す人も増えているということです。

平成と令和のスターが盛り上げる将棋界。注目の1局の勝敗は、28日夜に決まる見通しです。