日テレNEWS
社会
2021年8月16日 13:50

気象庁が緊急呼びかけ“特別警報”可能性も

気象庁が緊急呼びかけ“特別警報”可能性も
(c)NNN

すでに記録的な大雨が降り被害が出ている九州を中心に、再び発達した雨雲が流れ込んでいます。気象庁は、16日以降「再び重大な災害が切迫し、大雨特別警報を出す可能性がある」として、緊急の呼びかけを行いました。

気象庁予報課 天気相談所・竹村正弘所長「九州、それから広島、こういったところを中心に今後も災害級の雨となる可能性があります。場合によっては(再び)特別警報が発表される可能性があります」

気象庁は、活発な前線と低気圧によるさらなる大雨で、九州や広島を中心に再び重大な災害が切迫し、16日以降「再び大雨特別警報を出す可能性がある」と言及しました。

レベル5にあたる大雨特別警報が出てからの避難は危険を伴うとして、レベル4の避難指示が出された段階で避難を完了するよう、強く求めています。

また17日以降は、九州に加え、西日本や岐阜・長野などでも再び大雨となり、「1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り続いた場合には、広い範囲で土砂災害が多発する恐れがある」と危機感を示しました。

特に、活発な雨雲が連なる「線状降水帯」が発生した場合には、急激に状況が悪化するとして、最新の情報に十分注意するよう呼びかけています。