日テレNEWS
社会
2021年8月25日 15:20

「秋の訪れ」遅くなる見込み 3か月予報

「秋の訪れ」遅くなる見込み 3か月予報
(c)NNN

気象庁は、向こう3か月の天候の見通しを発表しました。気温、降水量ともにほぼ平年並みで、秋の訪れは遅くなる見込みです。

気象庁が発表した来月から11月までの3か月予報によると、北日本から西日本では、気温、降水量ともにほぼ平年並みを予想しています。

ただ月別で見ますと、10月は、太平洋高気圧の西への張り出しが残るため、暖かい日が多くなり、秋の訪れは遅くなる見込みです。

一方、例年9月以降は、西日本だけでなく東日本も含め本格的な台風シーズンになります。

気象庁では、日本列島に秋雨前線が停滞した上に、南からの湿った空気が入り続けた場合は前線の活動が活発になり、豪雨の可能性が高まるとして、早めに大雨への備えをするよう呼び掛けています。