日テレNEWS
社会
2021年10月25日 12:03

台風20号発生 発達しながら小笠原諸島へ

台風20号発生 発達しながら小笠原諸島へ
(c)NNN

25日(月)午前9時、台風20号が発生しました。今後は発達しながら北上し、週後半には小笠原諸島方面へ進む見込みです。大荒れとなるおそれもあり、警戒が必要です。

25日(月)午前9時、フィリピンの東の海上で台風20号が発生しました。今後は発達しながら北上して、28日(木)から29日(金)頃にかけて「非常に強い」勢力で父島など小笠原諸島へ近づくおそれがあります。台風の接近に伴い、風が強まって海上は大しけとなる見込みで、警戒が必要です。

その後、台風は勢力を落としながらさらに東寄りに進路を変え、列島から離れて北上、30日(土)には関東の東の海上で温帯低気圧に変わる見込みです。

ただ、予報円はまだ大きく、八丈島など伊豆諸島や関東地方の沿岸部でも波が高くなるなど影響が出るおそれもあります。今後の進路など、最新の台風情報を確認するようにしてください。