日テレNEWS
社会
2022年4月30日 17:12

3年ぶり“宣言なし”ゴールデンウイーク2日目 関東各地で青空広がる

3年ぶり“宣言なし”ゴールデンウイーク2日目 関東各地で青空広がる

3年ぶりにどの地域にも緊急事態宣言が出ていない今年のゴールデンウイーク。2日目の30日、関東の各地では青空が広がり多くの人が休日を満喫する様子が見られました。

最大10連休となった今年のゴールデンウイーク。初日の29日は日本列島の広い範囲で雨となりましたが、30日は全国的に晴天の行楽日和となり、行楽地などで多くの人出が見られました。

東京都の新宿御苑では訪れた家族連れなどが芝生の上にシートを広げ、初夏の陽気を楽しみました。

「(新宿御苑は)気分転換になっていいですね」「アンパンマンのぼーる、たのしい」

神奈川県の江の島では、コロナ禍前のようなにぎわいが戻っていました。

「久しぶりですね。外も連れていってなかったので近場だけどプチ旅行みたいな感じ」「気兼ねなく行けるのが初めてくらいなのでうれしいです。新幹線に乗る時点でちょっと…みたいのがあったので」

江の島観光会・二見将幸会長「コロナ前の8割くらいまで戻ってきたという感触。ゴールデンウイークが1年の中でも江の島一番お客様いらっしゃる時期なので、やっとにぎわいが戻ってきたという感じですかね」

予報では来月1日は雨が降るところもありますが、連休後半は晴れの天気が続き、再びお出かけ日和となりそうです。