×

台風11号、九州北部に最接近…佐賀県で約480戸が停電 路上に倒れた男性の死亡確認、屋根から誤って転落か

2022年9月6日 6:31
台風11号、九州北部に最接近…佐賀県で約480戸が停電 路上に倒れた男性の死亡確認、屋根から誤って転落か

大型で強い台風11号は、6日午前6時現在、九州北部に最も接近しているとみられています。佐賀県唐津市から中継。

止められている車のフロントガラスには小さな草木が飛び散っていることがわかります。佐賀県北西部の唐津市にある旅館からお伝えします。

木が大きく上下左右に揺れているのがわかります。午前1時頃からビュービューとものすごい音をたてながら風がふくようになってきました。唐津市では、午前3時50分すぎに最大瞬間風速22.5メートルを観測しています。

雨について、木の下にある水たまりを見てみますと、1時間半ほど前から徐々に雨脚が弱くなってきました。今もポツポツと小さな雨粒が降ってきている状況です。

そして、佐賀県白石町では5日夕方、70代の男性が路上で倒れているのが見つかり、死亡が確認されました。台風に備えて屋根で作業中に、誤って転落した可能性があるとみられています。

また九州電力によりますと、現在、台風の影響で、佐賀県全体ではおよそ480戸で停電が起きています。

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 台風11号、九州北部に最接近…佐賀県で約480戸が停電 路上に倒れた男性の死亡確認、屋根から誤って転落か