×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • JAL331便“深夜のUターン” 福岡に着陸できず午前3時に出発地・羽田に… 乗客が語る“混乱の7時間”

JAL331便“深夜のUターン” 福岡に着陸できず午前3時に出発地・羽田に… 乗客が語る“混乱の7時間”

2023年2月20日 22:29

19日夜8時すぎに羽田空港を出発した日本航空331便が目的地の福岡空港に着陸できず、引き返すという事態が起きました。機体が羽田空港に戻ってきたのは夜中の3時です。“混乱の7時間”を乗客が語りました。

   ◇

19日夜8時すぎ、日本航空331便が東京・羽田空港から福岡空港へと向かいました。フライトは2時間ほどのはずでしたが、約7時間後にこの機体は再び羽田空港へ戻ることとなりました。

乗客
「福岡空港の門限が22時で、間に合わなくなったみたいな感じ」

“福岡空港の門限”に間に合わず、深夜にUターンという予想外のフライトです。機内で乗客が撮影した座席のモニターには、福岡付近でUターンし、大阪へと向かっている飛行ルートが映し出されていました。当時、機内では、「福岡空港に到着できなかった」というアナウンスがあったといいます。

撮影した乗客
「『(福岡空港に)結局到着できなかった。そのまま関西空港に行きます』みたいな感じ」

福岡に向かっていた飛行機に、何があったのでしょうか。

日本航空331便が羽田空港をたったのは19日夜8時すぎでした。元々、午後6時半に出発する予定の便でしたが、日本航空によると、強風の影響や出発作業の遅れなどで1時間半ほど出発が遅れたといいます。

福岡までは約2時間。午後10時ごろに到着する予定でフライトしていましたが、ここである問題が起きました。

実は、福岡空港では夜に着陸できる時間、いわゆる“門限”が設定されていて、その時間が午後10時となっています。騒音など、周辺の住民に配慮するためのもので、事前に遅れることを申請していない場合、午後10時を1分でも超えると、着陸できないルールになっているといいます。

今回、午後10時には到着できる見込みで、331便は申請をせずに羽田を出発したといいます。しかし、午後10時に機体が飛んでいたのは空港近くの海上でした。さらに付近では、最大10機の飛行機が着陸待ちをしていたといいます。

そして、Uターンして向かったのが関西空港です。

撮影した乗客
「『関西で降りるのかな?』ってみんな思っていたと思います」

午後11時ごろ、331便は関西空港に到着しました。ここでまた、アナウンスが――

撮影した乗客
「『降りたいという希望の方もいらっしゃったんですが、降りることができずに羽田空港に戻ることになりました』みたいな」

給油などのため3時間ほど待機し、午前2時ごろ、羽田へ向け再び離陸しました。混乱の7時間を経て、331便は午前3時ごろ、羽田空港へ戻ることとなりました。

撮影した乗客
「ちょっとぴりぴりした人もいたんですけど、(全体的に)落ち着いていたかなと」

乗客は、現金2万円などが渡され、用意されたホテルに宿泊しました。20日の振替便で、ようやく福岡に向かえたということです。

専門家は、航空会社と空港側、双方に課題があると指摘します。

航空・旅行アナリスト 鳥海高太朗さん
「(空港側は)1分でも遅れると着陸をさせないとなっている中で、どう判断していくのか、(航空会社側は)微妙な時間に到着する場合に、欠航という判断を下した方がいいのか、(いずれも)お客さまに大きな迷惑がかかってしまうということになります」