×

総勢700名が練り歩く!「家康行列」開催、地元出身・佐野勇斗さんが家康公を演じる 愛知・岡崎市

2024年2月19日 17:25
総勢700名が練り歩く!「家康行列」開催、地元出身・佐野勇斗さんが家康公を演じる 愛知・岡崎市
家康行列(過去開催の様子)

岡崎の春の風物詩、「家康行列」が2024年4月7日(日)に開催します。「家康行列」とは、総勢約700名にも及ぶ行列が、『伊賀八幡宮』から乙川右岸河川敷までの約2㎞を練り歩く岡崎市の人気観光イベント。

江戸時代に徳川四天王の一人・本多忠勝を祀る映世神社(現龍城神社)の祭典として、岡崎藩の武士たちが隊列を組んで戦法を鍛錬した儀式が起源といわれており、出発地の『伊賀八幡宮』は、家康公が松平家・徳川家の氏神として生涯にわたり大切にしてきた場所といわれています。

岡崎市によると、「家康行列」は、警察署パトカーや愛知県警察音楽隊による「交通安全パレード」、消防音楽隊やグレート家康公「葵」武将隊などによる「行列パレード」、「露払・姫列・武将列」など様々な隊列で構成。「露払・姫列・武将列」では、地域ゆかりの武将を地域の市民が演じる「地域武将列」が、「松平信光列」と「大久保忠世列」の2チームに分かれて、今年初めて行列に参加します。

「徳川家康公列」では、徳川家康公役として、岡崎市出身の俳優・佐野勇斗さんが特別出演。佐野さんは岡崎市より“岡崎観光伝道師”にも任命されており、行列では若き日の家康公に扮し、武者行列のトリを飾ります。また、家康行列総合 MCとして、フリーアナウンサー・青木源太さんも登壇。行列では、グレート家康公「葵」武将隊と先頭を行進します。

岡崎市市によると、「家康行列」は伊賀八幡宮を出発後、県道 39 号線(岡崎足助線)を南下、康生通交差点を直進し、国道一号線を横断、乙川右岸河川敷までの約2キロを行進。当日は、行列に伴う交通規制が実施されるので、行列が行われる付近に立ち寄る予定のある人は、岡崎市HPにて事前にご確認を。

中京テレビのニュース

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 総勢700名が練り歩く!「家康行列」開催、地元出身・佐野勇斗さんが家康公を演じる 愛知・岡崎市