日テレNEWS
社会
2022年5月4日 21:17

道路を横切る“体長1メートル”のクマ 宮城・富谷市の住宅地で住民が撮影 近くには学校も…

道路を横切る“体長1メートル”のクマ 宮城・富谷市の住宅地で住民が撮影 近くには学校も…

宮城・富谷市の住宅地で4日午後、体長1メートルほどのクマが目撃されました。住民が車の中から撮影した映像では、クマが悠然と住宅地の斜面を歩き、林の中へと姿を消していきました。近くには中学校もあるエリアで、警察が警戒にあたるとともに、付近の住民に注意を呼びかけています。

     ◇

4日午後1時ごろ、宮城・富谷市の住宅地で、住民が車の中から斜面を悠然と降りてくる1頭のクマを撮影していました。クマはその後、林の中へと姿を消していきました。

クマを目撃した 阿部未来さん
「大きさはたぶん1メートル。1.2~1.3メートルだったと思う。動きとしては斜面をのらりくらりと歩いている感じで、道路を渡るときだけ小走りで、森の中に消えていったという感じです」

クマが目撃されたのは、富谷市成田の住宅地から市道へとつながる斜面です。近くには、中学校もあるエリアになります。目撃されたクマは住宅地の裏の斜面を下って、道路を横切っていきました。

警察によると、目撃されたクマは体長1メートルほどで、通報を受けた警察が複数のパトカーで警戒にあたるとともに、付近の住民に注意を呼びかけています。

阿部未来さん
「びっくりですね。自分が生活する範囲にクマが出たことと、中学校が近いので、(富谷市)成田に住んでる方だったら絶対に通る道なので、そこにクマが出たのはびっくり」

これまでに、クマによる被害の報告は入っていないということです。