日テレNEWS
社会
2022年6月17日 7:50

北朝鮮“拉致問題” 国連シンポジウムで被害者家族が早期解決訴え

北朝鮮“拉致問題” 国連シンポジウムで被害者家族が早期解決訴え

北朝鮮による拉致問題について考える国連シンポジウムが開かれ、拉致被害者家族らが一刻も早い解決を訴えました。

オンライン開催となったシンポジウムは日本、アメリカなどが共同で開催しました。

政府関係者のほか、拉致被害者・横田めぐみさんの弟で家族会代表の横田拓也さんや田口八重子さんの息子・飯塚耕一郎さんらが出席しました。

飯塚耕一郎さん「帰りを待ちわびる家族も高齢化しており、命には制限があります。拉致事件はもうこれ以上、時間をかけていい問題ではありません」

飯塚さんは、育ての親で田口八重子さんの兄・飯塚繁雄さんが昨年なくなったことに触れ、高齢化する家族に時間がないことを改めて訴えました。

また、横田さんは北朝鮮の金正恩総書記に対して、「全拉致被害者の即時一括帰国を決断すれば、日朝両国に明るい未来が描ける」と呼びかけました。