×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 安倍元総理銃撃 山上容疑者 「NGO集会に寄せたメッセージでつながりあると思った」「銃はYouTube動画を参考に作った」

安倍元総理銃撃 山上容疑者 「NGO集会に寄せたメッセージでつながりあると思った」「銃はYouTube動画を参考に作った」

2022年7月12日 12:01
安倍元総理銃撃 山上容疑者 「NGO集会に寄せたメッセージでつながりあると思った」「銃はYouTube動画を参考に作った」

安倍元総理大臣が銃で撃たれ死亡した事件で、逮捕された男は、「宗教団体が設立したNGOの集会に寄せられた安倍元総理のメッセージを見て、つながりがあると思った」と供述していることが分かりました。

捜査関係者によりますと、山上容疑者は「去年9月、宗教団体の代表らが設立したNGOの集会に寄せられた安倍元総理のメッセージを見た」と、供述していることが新たに分かりました。

母親が入信していたこの宗教団体は、旧統一教会であることが明らかになっていて、山上容疑者は、つながりがあると思い込み、去年の秋から安倍元総理への殺意を募らせるようになったとみられます。

山上徹也容疑者は8日、奈良市内で街頭演説をしていた安倍晋三元総理大臣を手製の銃で撃ち殺害した疑いが持たれています。

その後の捜査関係者への取材で、山上容疑者が犯行に使った銃について、動画投稿サイト「YouTube」の動画を参考にして作ったと供述していることが分かりました。

「火薬はインターネットで購入した」「銃は春ごろに完成した」と話しているほか、銃弾は、筒の形をした容器の中に6発入る仕組みで、1度に発砲することができると説明しているということです。

山上容疑者は、「最初は爆弾での事件も計画していた」と話しているほか、「事件前には何度も試し撃ちをしていた」とも供述していることから、警察は、山上容疑者が周到に準備を進めたうえで、犯行に及んだとみて捜査しています。