×

“台風18号”発生か あすには大東島地方へ接近おそれ 今後の動向に注意を

2022年9月28日 11:49
“台風18号”発生か あすには大東島地方へ接近おそれ 今後の動向に注意を

気象庁は、日本の南にある熱帯低気圧が、今後24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表しました。29日(木)から30日(金)にかけて大東島地方に接近するおそれもあり、今後の動向に注意が必要です。

28日(水)午前3時の天気図で、日本の南海上に新たな熱帯低気圧が解析されました。気象庁は、この熱帯低気圧が今後24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表し、注意を呼びかけています。

熱帯低気圧は今後、発達しながら北寄りに進んだ後、次第に進路を東寄りに変え、29日(木)から30日(金)には沖縄の大東島地方に台風として接近するおそれがあります。ただ、その後は進路を高気圧にブロックされる見込みで、どのように進むのか現段階では定まっていません。

大東島地方の沿岸では、29日(木)から30日(金)にかけてうねりを伴って波が高くなり、風も次第に強まる見込みです。また、熱帯低気圧(台風)の接近により大気の状態も不安定となるでしょう。

強風や高波、落雷、急な強い雨に注意し、今後の台風情報をこまめに確認するようにしてください。

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • “台風18号”発生か あすには大東島地方へ接近おそれ 今後の動向に注意を