×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 全国的に“降れば雷雨、晴れれば猛暑”に 南海上に台風9号と10号が発生、今後の進路は…

全国的に“降れば雷雨、晴れれば猛暑”に 南海上に台風9号と10号が発生、今後の進路は…

2023年8月25日 20:51

25日(金)も大気の状態が不安定で、西日本や北海道を中心に、局地的な激しい雷雨がありました。一方、晴れたところでは気温が上がり、最高気温は新潟県阿賀町津川で38.3℃、石川県小松で38.1℃、富山空港で38.0℃と、北陸を中心に猛烈な暑さになりました。

26日(土)も、全国的に“降れば雷雨、晴れれば猛暑”となりそうです。

<26日(土)の天気>

九州や中国、四国では湿った空気の流れ込みが続くため、雲が広がりやすく、急な雷雨に注意が必要です。近畿から北海道にかけては日差しの届くところが多いですが、午後は大気の状態が不安定で、東海や甲信を中心に、雨が降りやすいでしょう。降れば雷を伴って激しく降る見込みです。

また、厳しい残暑が続き、最高気温は秋田・山形・福島・熊谷・甲府・大阪で35℃の猛暑日が予想されています。北陸では前日よりは低くなるものの、新潟や金沢で34℃の見込みです。引き続き熱中症に厳重警戒が必要です。

<台風情報>

南海上には、台風9号と10号が発生しています。

●台風9号

フィリピンの東にあって、ほとんど停滞しています。今後は発達しながらゆっくりと北上し、来週水曜日ごろに沖縄先島諸島に接近する見込みです。

●台風10号

南鳥島近海を北上中です。日曜日から月曜日にかけて、関東から東北の東海上を進む見込みです。直撃の可能性は低いですが、太平洋沿岸では、台風周辺の雨雲がかかるおそれがありますので、最新の情報にご注意ください。

<週間予報>

日曜日も、西日本を中心に大気の状態が不安定で、急な雷雨がありそうです。北海道では日曜日以降、くもりや雨の日が多くなり、猛烈な暑さはおさまる見込みです。そのほかでは、まだしばらく厳しい暑さが続き、35℃前後の日が多くなりそうです。沖縄では台風の影響にご注意ください。