×

輪島大規模火災は「飛び火」で延焼拡大の可能性 消防庁が最終報告 能登半島地震

2024年5月29日 18:45
輪島大規模火災は「飛び火」で延焼拡大の可能性 消防庁が最終報告 能登半島地震
能登半島地震に伴い輪島市で発生した大規模火災について消防庁が最終報告書をまとめ、火の粉が舞い上がり「飛び火」して延焼が拡大した可能性を指摘しました。

消防庁の報告書によりますと、元日の地震で輪島市の朝市通りで発生した大規模火災により焼失面積は4万9000平方メートル、およそ240棟に被害が出ました。
消火活動にあたった消防職員による目撃情報から朝市通り北側の火災は、火の粉が飛んで燃え移る「飛び火」によるものであることがわかり、延焼が拡大した可能性を指摘しています。

また、断水により消火栓が使えず、建物倒壊により使用できない防火水槽もあったということです。

一方、出火原因については、屋内の電気配線が地震で傷ついてショートするなど、電気が原因で発生した可能性が考えられるとしました。

テレビ金沢のニュース

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 輪島大規模火災は「飛び火」で延焼拡大の可能性 消防庁が最終報告 能登半島地震