×

地震発生から52日目 断水続く能登島で地震後初めての定期市 復興へ向け一歩ずつ

2024年2月21日 12:09
地震発生から52日目 断水続く能登島で地震後初めての定期市 復興へ向け一歩ずつ
能登半島地震の発生から52日目。復興へむけて少しずつ地元の活気が戻ってきています。石川県七尾市の能登島で毎月行われていた定期市がきょう地震後初めて行われました。


NNN取材団・平田航大記者:
七尾市の能登島です。この場所も元日の地震で津波に襲われており、流された船がいまだに道路上にあるなど、被害の爪痕が残されています。

そんな中、きょう再開されたのが能登島で農産物の加工などを行う女性グループの定期市です。早朝から4人の従業員で地元の野菜を使った総菜などの準備を進めたくさんの地元客においしい食事とあたたかい笑顔を届けました。

お客さん:
「この先どうなるかという時に“ねね”さんが再開してうれしい」「素朴な味なんだよ、昔ながらのそれが一番」

地震により食品を作る工房が浸水し、電動シャッターも壊れるなどの被害を受け、先月の定期市は中止を余儀なくされましたがメンバーで土砂をかき出すなど準備をすすめきょうの再開に繋げました。

生き活き工房ねねの会・海老恵子 代表:
「みなさん楽しみにしている人がいますし、今までの恩返しということでみんなでがんばっています」

能登島では現在も島の大部分で断水が続いていますが、定期市の再開を復興の足がかりにしたいとしています。

NNN取材団・平田航大記者:
取材でお話しをうかがったお客さんは、買い物もよかったが、ここに来て知り合いに会えて地震前と同じようにおしゃべりができたことが楽しかったと嬉しそうに話していました。

震災から50日以上が経過し、日常生活はまだ戻らない中ですが、復興に向けて一歩一歩あゆみは進んでいます。
テレビ金沢のニュース

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 地震発生から52日目 断水続く能登島で地震後初めての定期市 復興へ向け一歩ずつ