×

16年ぶりの選挙戦に突入 藤枝市長選挙は現職・新人の一騎打ちに(静岡)

2024年5月19日 18:24
16年ぶりの選挙戦に突入 藤枝市長選挙は現職・新人の一騎打ちに(静岡)

任期満了に伴う藤枝市長選挙は19日告示され、先ほど立候補の受け付けが締め切られました。
現職と新人の2人が立候補し、藤枝市長選挙では16年ぶりに選挙戦となりました。

立候補したのは、届け出順に、無所属の現職で5期目をめざす北村正平さん77歳と、無所属・新人で元兵庫県議会議員の小西彦治さん52歳の2人です。

北村さんは、藤枝駅周辺のにぎわい創出やICT推進に力を注ぎ定住率の高い、幸せを実感できるまちづくりを目指します。

一方、小西さんは、多選による地域のマンネリ化からの脱却と、財源の正常化や若いまちづくりへの活性化を訴えています。

藤枝市長選挙は、過去3回連続で無投票が続いたため、2008年以来16年ぶりの選挙戦となります。
投票は今月26日です。

    静岡第一テレビのニュース

    • 日テレNEWS NNN
    • 社会
    • 16年ぶりの選挙戦に突入 藤枝市長選挙は現職・新人の一騎打ちに(静岡)