×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「ふんどし締め直してやらないとね」首位陥落の巨人・原辰徳監督 打者陣に奮起促す

「ふんどし締め直してやらないとね」首位陥落の巨人・原辰徳監督 打者陣に奮起促す

2022年4月10日 19:43
「ふんどし締め直してやらないとね」首位陥落の巨人・原辰徳監督 打者陣に奮起促す
首位から陥落し、打線の奮起を促した巨人・原辰徳監督
プロ野球セ・リーグ ヤクルト2-1巨人(10日、東京ドーム)

巨人は先発のルーキー・赤星優志投手が、ヤクルトを相手に7回2失点の好投を見せたものの、打線の援護が無く、プロ初の敗戦投手となりました。

巨人はこれで2カード連続の負け越しとなり、首位の座を広島に明け渡しました。

試合後、原辰徳監督は粘りの投球を見せた先発・赤星投手について「そうですね、1点ではね、なかなかね」と、打線の援護がなかったことに言及。

バッテリーエラーで勝ち越し点を奪われたことについても「うーん、ねぇ、まぁまぁ重箱の隅をつつけばね、いろいろあるだろうけど」としつつ、「もう少し打たないとね。打線が援護しないとね」と、ここでも打線の奮起を促しました。

改めてヤクルトとの3連戦での打線について聞かれると、「打者陣がもう少しふんどし締め直してやらないとね」と語るにとどめました。