日テレNEWS
スポーツ
2022年5月19日 19:41

「今夜の神宮は投手戦か」ヤクルト・小川泰弘VS阪神・ガンケルの両先発が好投続ける

「今夜の神宮は投手戦か」ヤクルト・小川泰弘VS阪神・ガンケルの両先発が好投続ける
ヤクルト・小川泰弘投手(左)と阪神・ガンケル投手(右)の投手戦となっている一戦

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-阪神(19日、神宮球場)

ヤクルトの先発は小川泰弘投手。1回、2回は打たせてとるピッチングで阪神打線を抑えます。

3回に先頭・ガンケル投手に初ヒットを打たれ、その後ツーアウト3塁とピンチを招くも阪神・中野拓夢選手をセンターフライに抑えます。

続く4回にも小川投手はワンアウト2塁と得点圏にランナーを置きますが、後続を抑え無失点ピッチング。

一方、阪神の先発・ガンケル投手は初回、ツーアウト満塁といきなり先制のピンチを招くもヤクルト・青木宣親選手をセンターフライに抑えます。

3回にもヒットと四球でツーアウト1、2塁と再び先制のピンチを招くも得点は許しませんでした。

小川投手、ガンケル投手の両先発がランナーを出しながらも得点は許さない緊迫した投手戦が続いています。

SNSでは「今夜の神宮は投手戦か」「全く点入る気がしない・・・」といったコメントが寄せられています。